TOPコミュニティ > ようやく波長の緑レーザーポインターが出てくるの

コミュニティ

ようやく波長の緑レーザーポインターが出てくるの

NO IMAGE
: kaishi0327 | : 0 | : 2017/10/17 16:12

赤色と比べるとかなり複雑になっているのがわかるかと思います。

 何故複雑になるかと言うと、汎用品で緑色の波長が出る半導体レーザーが無いからなのです!

 その為、②から出てきた赤の波長を、③の結晶で更に長い波長(1,064nm)へ変換し、④の結晶で半分の波長へと二段階で変換させ、ようやく緑色の波長の緑レーザーポインター が出てくるのです。

しかも二つの非線形結晶により光学的に変換しなければならないのと、赤外の波長を使用するので熱の発生があり大変不安定になり、そのままだと最終的な緑の波長の出力は大きくふらついてしまい、激しくチラチラと見えてしまうのです。

http://www.buyshopes.com/img/C001002... " alt="会議用レーザーポインターー"/>

この出力のふらつきを抑える為に⑤、⑥などで出力を感知させ、①の電気回路にフィードバックさせ出力を電気的に制御させたりするのです。

メーカー毎の光学的+電気的なノウハウがあり、各社パテントによりプロテクトし合っています。

 

これらは一般的に目にする仕様からだけだと読み取る事は出来ません。(敢えて出していないのでしょう)

クラスⅢAレベルは、可視連続レーザーポインター 出力はクラスⅡと同様に、クラスⅢAを使用していない、光で直接観察していない、危険性を増加させる可能性がある、Yuanwang Iレーザ装置による観察を避けるために、1-5mWレーザービームであります誰か他の人の目にレーザー直接露光。人の正常な反応を点灯することを避けるために図3(a)のレベルが、肉眼に害を引き起こさないが、観察されたレンズ装置を用いる場合には、人間の目に害を引き起こします。

直接ビーム内観察5-500mW連続超強力レーザーポインター のクラスⅢBレベルが危険である他の人の目にClassⅢBレーザー直接露光を使用しないでください、この危険性は大きくなります。肉眼での外観は怪我の原因となります場合、1000000nmする200nmの範囲内の放射線を含む、図3(b)クラスの製品、。経営と第二段階よりも厳格な管理。

ClassⅣ:連続レーザ出力レベルが第3のレベルよりも高い、(500mWのより大きい)高い、火災の危険があり、拡散反射率はリスクも、特に注目すべきです。子どもたちはこのようなUSBレーザーライトの直視を避けてください。 AEL第3レベルに以上は、人間の目に損傷を見て他のケースでも超えて損傷を引き起こすことができるだけでなく。だけでなく、目のために、それは皮膚を傷つけ、あるいは火災の原因になります。製品の厳格な管理と制御をすることができます。

カラス除け レーザーポインター

ページの先頭に戻る