TOPコミュニティ > 色の異なるレーザーポインターの特徴

コミュニティ

色の異なるレーザーポインターの特徴

色の異なるレーザーポインターの特徴
: laseronsale | : 0 | : 2019/2/8 20:56
レーザーポインター市場にはレーザーペンの種類があります。レーザーペンを購入する前に考慮すべき点は何ですか?レーザーポインター購入ガイドのヒントをいくつか紹介します。

緑色レーザーポインター強力の特徴:

●コンパクト設計と高解像度
532nmの短波長緑色レーザーは小さなレーザースポットを生成するため、緑色レーザーは高解像度を提供することができ、またより高い印刷品質の出力電力解像度を表します。
●信頼できる性能
532nmレーザーポインターは星、星座および他の天体を指すために主要な天文学愛好家によって広く使用されています。このタイプのレーザー光源は安定した、強くて強いレーザースポットです。
●迅速な交換、簡単なメンテナンス
532nm緑色レーザーダイオードは、メンテナンスや交換が非常に簡単で簡単で、メンテナンス時間を短縮し、効率的な製造時間を短縮できます。

緑色レーザーポインターの応用
●野生旅行、登山、探検
●天文スターゲージングと星座観測
●指導、講義またはスピーチ

赤色レーザーポインターの特徴

●高効率伝送光学系
●インテリジェントフィードバック制御回路
●安定した性能、一貫性および長い耐用年数
●低消費電力と高性能光パワー出力

ブルーレーザーポインターの特徴

●耐用年数の長い完璧な冷却システム。
●高効率の低発散レーザー。
●安全性の高い、最も優れた設計のレーザー。

レーザーポインタは通常、教育、ビジネスプレゼンテーション、およびビジュアルデモンストレーションで人目を引く点として使用されます。 大きな温度効果を持つ高出力レーザーポインターは、特に温度に敏感な固体レーザーには、長期間使用できません。

http://www.laseronsale.com/comment_d...

http://www.laseronsale.com/comment_d...

http://www.laseronsale.com/comment-7...

http://www.laseronsale.com/comment_d...

レーザーポインターのよくある質問
1.なぜ私のレーザーポインターは冬には使えないのですか?
低温は、レーザーポインターの正式な動作に大きな影響を与える可能性があります。低温環境下では、レーザービームの放射は、起動時に常に非常に弱く、薄暗く、明るくありません。 10秒連続して作業した後(一部のレーザーポインターグリーンは短くなります)、レーザービームの明るさは通常の値に戻ります。

2.レーザーポインタの価格が異なるのはなぜですか。
レーザーポインターの価格は、以下のような要因によって影響を受ける可能性があります。

●住宅資材の選択 本物のレーザーポインターは、特別なメッキされた絶縁塗装で最も耐久性のある航空機使用のアルミニウムハウジング材料を選びます。
●本物のレーザーポインターは輸入ガラスクリスタルと輸入レーザーダイオードのような資格のあるレーザー発光源を選択して、すべての作業環境で完璧なレーザー光線の放出をします。
●波長とパワーが異なると、レーザーポインターの製造コストに影響します。
●本物のレーザーポインターは、電気回路基板の完璧なデザインで製造されています。


3.青色レーザーポインターを使用するときに注意すべきことは何ですか。
ブルーレーザーは、その魅力的で魅力的なサファイアブルーレーザービームでレーザーアマチュアやプロの間で非常に人気があります。ほとんどのブルーレーザーポインターは高出力パワーを所有しているので、様々な燃焼実験に強力なブルーレーザーを使うレーザー愛好家もいます。 高出力レーザーポインターを操作するときは、次の点に注意する必要があります。

●レーザーを起動する前に、バッテリーが正しく取り付けられていることを確認してください。
●あなたの青いレーザーを使用している間あなたのレーザーゴーグルを常に身に着けている。
●作業時間が長すぎると極端に加熱される可能性があり、これがレーザーチューブの寿命に影響を与えます。
●青色のレーザーをほこり、水蒸気環境で使用しないでください(一部の防水および防塵レーザーを除く)。
●レーザーを子供の手の届かないところに置いてください。
●使用していないときはバッテリーを取り外し、正しい場所に置いてください。

4.私のレーザーが点灯できないのはなぜですか?
●バッテリーが正しく取り付けられていません。
●レーザーポインターの不適切な操作。
●あなたのレーザーはサービス時間を減らしました。
●気温が低すぎる。
ページの先頭に戻る