TOPお店からのメッセージ > 「和魂印才!」新しい“にっぽんの印度料理”に出会える店

お店からのメッセージ | 新店オープンや新メニューなど、お店からのニュースをブロガーさんにいち早くお届け!

2009.04.15「和魂印才!」新しい“にっぽんの印度料理”に出会える店
中野の逸品グランプリ2008年で最優秀逸...
中野の逸品グランプリ2008年で最優秀逸品賞を受賞した「噂の!鶏肉の梅カレー」
印度料理の名店で10年間修業した店主が生み出した、新しい“にっぽんの印度料理”の数々。

梅やゴマを使ったカレーをはじめ、旬の野菜や味噌、昆布、青じそなど和の素材を生かしたもの、クリームチーズ、オリーブオイル、ライ麦を使ったものなど、新しい味との出会いがあります。





お酒もすすむおつまみ感覚の一品は、のんべえの店主ならではの発想!店内に流れる音楽は店主の好きなROCK&BLUES。新・印度料理たんどーるでは、タンドール(窯)料理はもちろんのこと、カレー・酒・音楽をゆったりと楽しんでいただけます。


★創作印度料理の数々
看板メニューの「噂の!鶏肉の梅カレー」は、2008年の中野の逸品グランプリで最優秀逸品賞を受賞!「華麗なる!鶏ひき肉とナンコツのキーマカレー」は、人気のカレー漫画「華麗なる食卓」に登場。

ほかにも、黒ゴマやクリームチーズのカレー、チキンピクルスや梅干しマサラ、和ッサムスープなどの一品料理、オーダーが入ってから焼き始めるタンドリーチキンやチキンマライティッカなどの炭火焼きタンドール料理など、ほかの店にはないオリジナリティあふれる料理の数々。詳しくはホームページをごらんください!


★人気のデザート“チョコナン”
ナンの生地にチョコレートやカシューナッツ、ココナッツを包み込んで焼いた「デラックスチョコナン」が大人気!チョコレートの焼ける香ばしくて甘い香りと、サクサクの食感が魅力。


★お酒もおいしく飲めます
カレー以外にもおつまみが充実している当店では、ビール、ワイン、芋焼酎、梅酒、ウイスキーのほか、オリジナルのカクテルラッシー(自家製ヨーグルトとリキュールで作るカクテル)など、お酒も充実しています。


★店内について
店内はインドレンガの色(サーモンピンク)を基調としつつも、インドの装飾はないシンプルな装い。席の数は、テーブル10席とカウンター4席の14席で、ディナータイムは予約が可能です。


<店名を「たんどーる」にした理由>
インド料理店で修業中、カレーの作り方を習得するより先に、タンドールの扱い方(炭の火力のコントロール)やナンの焼き方、タンドリーチキンなどのタンドール料理の作り方を習得したため、タンドールに対しての思い入れが強く、店名にしました。

タンドールという店名は、おそらく日本のインド料理店で一番多い名前かもしれませんが、タンドールといえば、インド料理の花形!あえてインド人コックに挑むつもりで、日本人の僕がやるため、ひらがなの「たんどーる」にしました。こんな小さな店ですが、日本で一番有名なたんどーる(タンドール)になろうと、密かな野望を持っています。
炭火の窯(タンドール)で焼き上げる「タン...
炭火の窯(タンドール)で焼き上げる「タンドリーチキン」
ビールのおとも!「チキンピクルスとパパー...
ビールのおとも!「チキンピクルスとパパード」
デザートナンの最高峰!「デラックスチョコ...
デザートナンの最高峰!「デラックスチョコナン」
ShopData
店名 新・印度料理 たんどーる
住所〒165-0025
東京都中野区沼袋1-8-22 ヤマニビル2F
電話番号03-3387-2172
営業時間ランチ 12:00〜14:30頃
ディナー 18:00〜22:00頃
(日・祝は21:00頃まで)
※ 売切仕舞いの場合もあります。
定休日月曜定休
(火曜日はディナーのみ)
※ 月・火が祝日の場合は
TELでご確認ください。
URLhttp://www014.upp.so-net.ne.jp/tando...
ページの先頭に戻る