TOP特集カメラ > 第4回:「赤・黒・黄色のひとりごと」kon-konさん インタビュー
ブロぐるめ!の特集/連載 : カメラ
2009.07.18第4回:「赤・黒・黄色のひとりごと」kon-konさん インタビュー
赤・黒・黄色のひとりごと管理人:kon-konさん
管理人:kon-konさん
kon-konさん
これでもか!というほどに続く、ド迫力のクローズアップ写真が特徴的なkon-konさんのブログ「赤・黒・黄色のひとりごと」。

食べ物の色や温度、食べた時の食感まで伝わってきそうなほどのアップ。見ているうちについついお腹が鳴ってしまう魅惑の写真なのです。

ブログの中身から察するに、この方は凝り性に違いない! ならばカメラについても相当のこだわりがあるのでは…と考え、さっそくお話をうかがってみました。
kon-konさんはどんなカメラを使っていますか?
「キヤノン IXY DIGITAL」、「SONY T1」、「リコー GR DIGITAL」、「オリンパス E-510」を使っています。

最近は、GR DIGITALとオリンパスE-510をメインに使っています。
そのカメラを選んだ決め手や、カメラの魅力を教えて下さい。
GR DIGITAL :  銀塩コンパク...
GR DIGITAL :
銀塩コンパクトカメラの名機GR1がデジタルカメラとして復活したと知り、コンパクトで日常的に持ち歩きできる高性能カメラが欲しかったので、迷わず選びました。

このカメラの魅力は、いろいろなところで語り尽くされていると思いますが、まずモノとしての質感が非常に高いところでしょうか。往年の「カメラ」らしさを忠実に再現しつつ、デジタルカメラとしての性能が高い点に満足しています。

単焦点で明るいレンズのため、接写した時の描写力が非常に美しいので、料理を撮るのに最適です。手ブレ防止機能が搭載されていればもう言うことなしです。


E510 :
こちらはもともと子供撮影用に購入したのですが、デジタル一眼のわりにはコンパクトで使い勝手が良いので、食べ歩きでもサブ的に使っています。

美しいボケ味を狙う時は、やはりデジタル一眼の方が威力を発揮します。手ブレ補正機能も強力なのが心強いです。

あと、オリンパスのフォーサーズマウント*だと、アダプターを付けることでカール・ツァイスのレンズが使えるというのもポイントでしょうか。



*フォーサーズマウント…日本の光学機器メーカーオリンパスとアメリカの写真用フィルム・写真機器メーカーイーストマン・コダックによって提唱された、デジタル一眼レフカメラの共通規格。
撮影する上でのこだわりなどはありますか?
1、とにかく「接写」すること。「前へ」。...
1、とにかく「接写」すること。「前へ」。被写体にギリギリまで近づいて撮影する。マクロモードは必須。

2、構図は真横や斜め上から。なるべく「ローアングル」で被写体に迫る。

3、これは!と思った被写体は「横」と「縦」両方で撮影する。

4、フラッシュは絶対に使わない。フラッシュを焚くと、白トビしちゃって料理が美味しく撮れない。

5、躊躇せずガンガン被写体にファインダーを向ける。もちろん、TPOはわきまえてですが。

だいたい上記5点を気にしながら写真を撮ると、臨場感と迫力ある写真を撮ることができるような気がします。
他にも工夫されていることはありますか?
主にGR DIGITALを使用する時の設...
主にGR DIGITALを使用する時の設定の話になってしまいますが…

1、基本的に「A(絞り優先)モード」で。お店によってはかなり暗かったりするので、なるべく絞り*はF2.4かF2.8と明るめに設定して撮影してます。

2、個人的に「アンダー気味**の画像」が好きなので、露出補正は「−0.3EV補正」で。霜降肉やお刺身は白トビしやすいので、アンダー気味に撮影した方がキレイに撮れます。

3、画像設定は、「硬調」で。カタメの画(え)が好きなんです。


それと、毎回ではありませんが、画像を見てからレタッチ(画像加工)をかけたりします。若干シャープに強調すると、画像が締まって、PCのモニター上で見た時にキレイに見えると思います。



*絞り…カメラが取り込む光の量を調整すること
**アンダー気味…少し暗めの写真のこと。露出補正をマイナス側にすると暗めに調整される

お気に入りの写真が撮れた記事を2つ紹介して下さい。

板前焼肉 一斗 東心斎橋店
料理の中でも、特に焼肉を撮影する時はいつも以上に気合が入るのですが、一斗で撮った霜降の極上ロースは自分でも納得ゆく写真になったので。

ちなみに、GRブログのトラックバック企画「美味しいもの」に霜降肉写真を応募したら、何と入選しちゃいました
北品川
とある有名店の看板メニュー「とんかつ」を久しぶりに食べることができ、感動したので。

ここのとんかつは、肉の繊維と脂身のコントラスト、ほんのりピンク色になったところが実に美しい一品。接写しがいのあるとんかつです。やっぱり肉を撮る時は、燃えますね(笑)。

どうもありがとうございました。最後に、写真が好きだと思うブログを3つあげてください。

icydog
icydog
写真が実に美しいです。美味しそうなお店が次々登場するところも含めて、私のお手本です。
Violet Diary in Palo Alto
Violet Diary in Palo Alto
Palo Alto在住の友人のブログ。アメリカ西海岸のカラッとした空気が感じられるので。
恰幅の良い彼のblog 〜横浜B級グルメ〜
恰幅の良い彼のblog 〜横浜B級グルメ〜
B級グルメへの飽くなき探究心と軽快な語り口のギャップに、思わずニンマリ。B級グルメファンの方、必見です。

編集部からのコメント

カメラにも、食べ物の撮り方にも独自のこだわりを持っているkon-konさん。そのこだわりが個性となって、はっきりとブログに表れているところが素晴らしいですね!

お使いのカメラ「GR DIGITAL」の持ち手のところに付いた跡が、このカメラを毎日持ち歩いて日々の食事を楽しんでいるkon-konさんの姿を想像させてくれて、こちらまで楽しい気分になってしまいました。

kon-konさん、どうもありがとうござました!
ページの先頭に戻る