TOP特集食べ歩きブロガーアンケート > 第9回「秋の味覚に関する食べ歩きブロガーアンケート」
ブロぐるめ!の特集/連載 : 食べ歩きブロガーアンケート
2012.10.12第9回「秋の味覚に関する食べ歩きブロガーアンケート」
第9回「秋の味覚に関する食べ歩きブロガー...
ブロぐるめ!ブロガーさんに聞く「ブロぐるめ!食べ歩きブロガーアンケート」。世間一般の食事情とはちょっと違う、食べ歩きに燃えるブロガーさん達の食生活をかいま見てしまおう!というこの企画。

第9回のお題は、「秋の味覚」です。

食べ歩きブロガーの皆さんが、秋を感じる食材は何?
そして、特に「外食」で秋を感じたい食べ物って、どんなもの?

早速アンケート結果をご覧下さい☆

Q:秋を感じる食材といえば?

栗が堂々のトップ!果物も根強い人気!?

最初の質問は、秋を感じる食材についてです。

ダントツで一位だったのは「栗」!食事から間食、デザートまで何でもござれの幅広さで、老若男女問わず大好評といったところでしょうか。

次いで「さつまいも」「さんま」が同率の二位。どちらも香ばしく焼きあがる匂いを想像しただけで、もうたまりませんね!

三位以下は、「きのこ類」、そして各種果物が並ぶ結果となりました。
Q:秋を感じる食材といえば?
Q:秋を感じる食材といえば?

Q:外食で食べたい「秋の味覚」は何ですか?

「栗」と「きのこ類」が、外食で食べたい味覚のツートップに!

さて次の質問です。「食べ歩きブロガー」が集うブロぐるめ!としては、これを是非聞いてみたかったのです。秋の味覚のうち、外食で食べたいと思うものはどれか?

一位は同じく「栗」でしたが、二位に躍り出たのは「きのこ類」。さんまやさつまいもには、先ほどまでの勢いは見られません。

果物類は全般に低調な結果に終わりました。これは大体想像どおり、といったところでしょうか。
Q:外食で食べたい「秋の味覚」は何ですか?
Q:外食で食べたい「秋の味覚」は何ですか?

Q:「外食で食べたい」理由とは?

「調理の手間」と「仕入れ」がキーポイント!

さて、ではこれらの味覚を「外食で」食べたい理由は何なのか?と、ちょっと突っ込んだ質問をしてみました。

まずは「栗」。これについてはやはり「調理の手間」という意見が大部分を占めました。栗の皮むき、大変ですからね…。

<外食で栗を食べたい理由>
・栗の皮むきが大変。
・調理までの処理が面倒なので。
・おいしいモンブランが食べたいから。


そして「きのこ類」に関しては「仕入れ」</b>についての意見が目立ちました。色々な種類が食べられるというのも外食の魅力のようです。

<外食できのこ類を食べたい理由>
・自宅だと、簡単に手に入るキノコ、種類が限られているので。
・野生のキノコは採取が大変だし、毒キノコの見分けも大変なので。


最後に、栗やきのこ類に限らない、秋の味覚全般に対する回答

<その他、秋の味覚を外食で食べたい理由>
・家庭で調理の場合、タイミングよく鮮度の高いものを入手出来るとは限らないので。
・外食のほうがよりよい素材をより適切に美味しく調理してくれるから。
・よい食材がスーパーにないので。
・本当に美味しい食材は、プロの目線で選んだものが安心です。
・プロの技をみてみたいので!
・器と料理のバランス。


やはり「仕入れ、目利き」、そして「プロの技」という理由が大きいようです。親しみのある食材だからこそ、プロの手にかかるとこんなに美味しくなるんだ!という感動もひとしおなのかも?


Q:秋を感じるために行きたい飲食店のジャンルは?

秋を感じるならば、やっぱり和食!

最後の質問については圧倒的に「その他和食店」が一位となりました。例えばちょっとした居酒屋のようなお店でも、季節を感じさせてくれる料理が当たり前のように出てくる。日本人に生まれて良かった!と、心から思える瞬間ですね。

以下、野菜にきのこに魚介と幅広い食材が楽しめる天ぷらが二位寿司とイタリアンが同率の三位でした。中華料理も様々な食材を扱う料理ですが、季節感という意味ではあまりピンと来ないのかもしれませんね。
Q:秋を感じるために行きたい飲食店のジャンルは?
Q:秋を感じるために行きたい飲食店のジャンルは?

編集部からのコメント

今回のアンケートをまとめていて、食べ物で四季の移り変わりを感じられるなんて本当に贅沢で素敵なことなんだな、とあらためて思いました。

季節毎に美味しい食材が登場し、家庭はもちろん外食で様々な味を楽しむことができる。毎年当たり前のように行っていますが、ふと立ち止まって考えると最高に幸せなことです。

季節はまさに秋のど真ん中。「食欲の秋」なんていいますが、食べ過ぎにはくれぐれも注意しつつ、食べ歩きライフを満喫して下さいね!

それでは次回のアンケートもぜひご協力をよろしくお願い致します!
ページの先頭に戻る