TOP特集ピックアップ > 第22回:「For Bread Lovers 2 ~続・28号の食べ歩き日記~」...
ブロぐるめ!の特集/連載 : ピックアップ
2013.09.28第22回:「For Bread Lovers 2 ~続・28号の食べ歩き日記~」28号さん
「For Bread Lovers 2 ~続・28号の食べ歩き日記~」28号さん
「For Bread Lovers 2 ~続・28号の食べ歩き日記~」
by 28号さん
TSUTAYAの電子書籍ストア「TSUTAYA.com eBOOKs」にて販売中の、日本初!食べ歩きブロガーによるニッチなグルメガイド、「ブロぐるめ!ブロガーBOOKS」ザ・ピンポイントグルメガイドシリーズ。

この度また、8/29に、ブロぐるめ!ブロガーさんによる新刊が登場しました。

「For Bread Lovers 2 ~続・28号の食べ歩き日記~」 を運営する 28号さんが執筆されたのが、パンの中でも「バゲット」をひたすら掘り下げるコンセプトの 「BGT48 -Baguette48-」(「TSUTAYA.com eBOOKs」HP) です。

電子書籍デビューされた28号さんとは、いったいどんな方なのでしょう??お話を伺ってみました☆
ブログを始めたきっかけは何ですか?
ブログを始めたきっかけは何ですか?
パンが大好きで、一日3食以上食べています。

作れますが、食べる方が絶対的に得意なタイプで、この四半世紀にパンにかけた費用(直接的な購入費用、交通費、その他モロモロ)を積み重ねたら、多分家の1軒くらいは建っていると思います。

こうして自分の中で無駄に(?)蓄積されていくパン経験を何かの形でまとめられないかと思って動き始めた時に、周囲でブログを始める人が多かったというのが始めたきっかけです。
ご自身のブログの紹介をお願いします。
ご自身のブログの紹介をお願いします。
ある日、知人に毎日更新を勧められ、私の何かに火が付いて以来、3年ほど欠かさずに更新しています。

パンの記録のつもりでしたが、次第に他のネタも増えてきたので、新ブログに移行した時にサブタイトルを「パンとレストランの備忘録」として内容とすり合わせました(笑)

それでも一応、情報の中心はパンのつもりです。店名と地域名を記事のタイトルに入れるようにしているので検索しやすいと思います、ご活用ください!
ブログのコンセプトや、運営上のこだわりな...
ブログのコンセプトや、運営上のこだわりなどありますか?
よく、「他のスペースに書いている記事は固いのに、ブログはユルいよね」とギャップを指摘されますが、ブログは続けることが苦痛にならないようにユルユルっと書いています。

末尾に「~」が多用されていたり、お決まりの「えぇ、庶民ですが、何か問題でも?」といったフレーズがあったり、ユルさもかなり上級レベルなので、私と面識のない方には、「この女は馬鹿なんじゃないか?」と思われているかもしれません(笑)

書く側の都合もありますが、読んで下さる方も文章が固いと面倒になって読もうという気がなくなってしまうのでは…と、一応配慮のつもりでもあります。割引いて読んでいただけると有難いです。

また、内容については正直に書くように心がけています。特にパンに関しては正直です。

総合的に好きなパン屋さんでも、好みに合わないパンがあればそう書きますし、思いっきり嫌な思いをしたパン屋さんでも、美味しいパンがあれば褒めます。ブログはあくまで私目線で!この特集をきっかけに私の時代(?)が訪れたとしても、この姿勢だけは貫きたいです(笑)
ブログを始めたことによって得られたものや...
ブログを始めたことによって得られたものや、発見はありましたか?
この世に全く同じものがない、という意味ではパンも人間も同じです。

同じ店で売られている同じ種類のパンであっても、隣り合う二つは厳密に言えば違いますし、日が違えばなおのこと変わります。店が違えば、同じ種類のものでも全く別物です。

分かっているのに、書くと全く同じ表現になっていることがあり、まずは自分の語彙の少なさを痛感しました。

難しさ、恥ずかしさは感じ続けていますが、それでも文字にするとその時の気持ちをもう一度感じられたり、改めて気付きがあったりして、それが面白くて、気付けば3年もの間毎日更新を続けています。

いくら好きな食ネタとはいえ、三日坊主の私が…こんな一面もあったのだと驚いています。
TSUTAYA.com eBOOKs「ブ...
TSUTAYA.com eBOOKs「ブロぐるめ!ブロガーBOOKS」(応募ページ) に応募しようと思った理由は何ですか?
ブログにアップすることで日々の出来事を記録することは出来るようになってきましたが、それで安心してしまい、整理することがないままになっていました。バゲット、というニッチな切り口ではありますが、ひとつ「まとめ」を作ってみたいというのが、第一の応募理由です。

二つ目は、ブログは主義を持ってユルユル書いていますので、少し真面目に書いてまとめたかったからです。ネットブックからブログに来て下さった方の中にはがっかりされる方もいるかもしれませんが、ブログが先の方には「こんな風にも書けるんだ!」と感心していただけるかもしれません(笑)。

パンに魅せられ、通算2500店以上を訪問したわたしが、原点である「バゲット」に特化して、その楽しみ方を優しくガイドした書籍です。テーマ別に選抜した48本から、推しバゲットを見つけていただければと思います。
制作過程で苦労したこと、うれしかったこと...
制作過程で苦労したこと、うれしかったことがあれば教えてください。
タイトルや表紙の文面をご覧いただくと分かるのですが、「48店」をセレクトしたのは、某国民的アイドルとかけたからです。

実際に取り組んでみて、48店分の記事を書き、写真を用意するのはかなり手間取りました。欲張りすぎましたね(笑)

その分、情報満載の大変お得な本に仕上がったと思っています。
今後の目標などありましたらお聞かせくださ...
今後の目標などありましたらお聞かせください。
丁度ブログを立ち上げた5年ほど前から続けているパンの仕事は、夢を持って頑張っている若い職人さん達を応援したくて始めました。

パンの魅力をたくさんの人に伝える手段として、講義、レシピ提案等とともに、パン店のレポートも書いています。

取材を通して、それぞれのお店にそれぞれの物語があり、それがパンの味の決め手になっていると感じました。物語を知ると、その店のパンが食べたくなります。できるだけたくさんのパン屋さんの物語を紹介することで、そのパン屋さんの、そしてパンのファンを作っていきたいです。野望は、日本全国のパン屋さん取材巡りです!

パン屋さんの仕事は3K(きつい、汚い、稼ぎが悪い)と言われがちですが、「自分で選んだパンの道」だと覚悟を持って歩んでいる職人さん達に出会い、この仕事に4つ目のK=「かっこいい」を付けてあげたいと思ったことが、今の私の原動力です。

まずはブログで身近なところから、楽しく読み続けてもらえるよう、ユル~く続けていきたいと思います。

28号さんの要チェック記事!

【名古屋パン屋巡りシリーズ】
http://ameblo.jp/fbl-part2/entry-11260492509.html
いつも車を出してくれる友人達に感謝。これだけの数を効率よく回れるのは彼女達のお蔭です。ニフティで持っていた過去ブログ「For Bread Lovers」 にも名古屋パン情報あり。

【韓国パン屋巡りシリーズ】
http://ameblo.jp/fbl-part2/entry-11464116299.html
2013年はじめに約3ヶ月半の間に3回ソウルを訪れました。ソウルとパン?と思う方も多いと思いますが、意外や意外…3回とも10回以上のシリーズでご紹介しています。中でもお気に入りの1軒がこちらです。これは最初の旅のシリーズですが、この店は3シリーズ共に登場します。

【千葉パン屋巡りシリーズ】
http://ameblo.jp/fbl-part2/entry-11325539976.html
近くて遠い、地元探索シリーズです。意外なところに意外なお店、こんなお店も発見しました!

【浜松パン屋巡りシリーズ】
http://ameblo.jp/fbl-part2/entry-11397828881.html
何度か訪れた浜松、すでに行きつけまで?! この時は友人を付き合わせて以前巡った時のお気に入り店を再訪しました。

28号さんの要チェックお気に入りブログ!

ワルン・ロティ日記3
やはりパン屋さんのブログを拝見することが多いです。何気ない、日常の記録の中に物語が隠れています。

東京都目黒区洗足で自宅を改造して週に3日営業するパン屋さん「ワルン・ロティ」の店主、大和田敏子さんのブログです。元気をもらえます!
りんかママの気ままなブログ
北海道には他に名店も多いですが、私の一押しは「森のぱんやさん 凛香」です。昨年秋に余市から当麻町に移転、試行錯誤しながら新しい環境で頑張っています。応援してあげて下さい!

編集部からのコメント

ブロガーさんに取材させていただいていると、その食材や料理、それを作りだす職人さんに、ドでかいリスペクトを持って活動していらっしゃると分かることが、多々あります。そして、愛がある方のブログ記事は、生き生きとした視点で描かれているものです。

名古屋のモーニングの相席文化や、慣れない海外で旧友に再会したかのような嬉しさ。地元で見つけ出してしまったあまりにも理想的なパン屋さんに、一も二もなく浮かれる様子…すべてが温かく、画面の前で思わずニッコリしてしまいます。

28号さん、どうもありがとうございました!
ページの先頭に戻る