TOP特集ピックアップ > 第3回:「いたばし区のばら」ロザリーさん
ブロぐるめ!の特集/連載 : ピックアップ
2009.04.29第3回:「いたばし区のばら」ロザリーさん
ブロガーピックアップ
「いたばし区のばら」
by ロザリーさん
「ひたすら食べる一人の乙女。その食生活は、あなたの心にもきっと一輪のばらを咲かせるだろう。」

ブログ「いたばし区のばら」 は、女王様口調の主役のロザリーさんといい、登場する飲食店や周りの登場人物といい、板橋ワールドがとにかく濃く、地元住民の熱狂的な支持を得ている。

愛と笑いとともに板橋の「こころ」が伝わってくるこのブログの秘密を探るため、ロザリーさんにお話をうかがってきました!
ブロガーピックアップ
ロザリーさんがブログを始めたきっかけは何ですか?

近所に住んでる友達が、某IT会社にお勤めで、そこが新しく「B食倶楽部」というブログ事業をスタートさせるけれど、ブログやってみない?って薦められて、「じゃあ、私の華麗なる食生活をいっちょ自慢しちゃおうかしら。」と軽いノリで始めたの。

せっかくお金出して美味しいもの食べたら、それを世間の人に自慢したくなるじゃない?それから、どうせなら自分の住んでる場所の地価が上がればいいな、と思って、自分の住んでいる地域を自慢しようと思いたったのね。今考えると、私利私欲にまみれたスタートだったわ。
ブロガーピックアップ
ご自身のブログのご紹介をお願いします。
タイトルは「いたばし区のばら」。

キラキラした雰囲気を出そうと張り切っていたのだけれど、生活レベルが庶民なので、気が付いたらあまり華麗ではなくなってしまってたわ(笑)

私は板橋に住んで20年くらいなんだけれど、この町とこの町の人に、大人として育ててもらったと思ってるし、この町が大好きなのね。板橋区の持つ多様性、ユルさ、雑さ、面白さ、優しさ。板橋区は複合的な要素が絡み合ってできた面白い町。こんなに面白い場所に住めるって幸せなことだと思うの。

だから自分の大好きな板橋区(とその近隣)を自慢するためのブログ。それ以上でもそれ以下でもない、私の自己顕示欲の預金通帳のようなものよ。
ブロガーピックアップ
ブログのコンセプトや、運営上のこだわりなどありますか?
地域の情報発信とか、公共的なことは、一切考えてないわ。私が主体だから。私の生活の自慢だから。私みたいなフィルター通した情報なんて偏りっぱなしで、正しい情報な訳ないじゃない。ガイドブックとしては役立たずなので、ネタだと思って読んでほしいのね。

ただ、古くからいらっしゃる板橋の先輩達が、むっとしない内容にしようとは思ってるの。また、飲食店や個人商店、企業に対しては、それなりのけじめが必要だと思っているわ。あちらはお仕事、こちらは個人の趣味ですから。愛のツッコミはしても批判はしないわ。

・・・でも私、言葉が雑なんで、カチンと来る人もいるでしょうねえ。直す気もないけど。

先日も自宅をリフォームしてね、リフォーム屋さんのホームページに「お客様の声」って寄せるんだけれど、「過激な表現は、お控えください」って、前もってそこの店長さんにお願いされちゃった(笑)。私のブログ見たら、そりゃ不安にもなるわよねえ(笑)
ブロガーピックアップ
では、ブログを始めたことによって得られたものや、発見はありましたか?
住んでる所が一緒で、毎日同じような物食べていて、文化や価値観に共通項が沢山ある近所の仲間を得たわ。病気しても飛んでいけるし、酒飲んでも終電を気にせず飲めるし、生活が豊かになったわ。いえ、金銭的にじゃなくて、精神的に。だから私と私の周りはいつも何だか笑ってる人が多いのよ。

ブログが元で仲良くなった、外国人経営のレストランの皆さんと一緒に激安バスツアーに行った時は、傑作なくらい楽しかったわ。お国柄出まくりで大変だったけれど。それから、近所の寺の副住職さんからメールいただいた時は、びっくりしたわ!お坊さまでもこんな欲望まみれのブログ読むのねって。そうそう、都営三田線の中で私のブログを携帯で読みながら笑ってるカップルを見た時、とっても嬉しかったの。ブログ、やっててよかったなーって。板橋の人には、いつも笑っていて欲しいわ。

あとブログやってて、自分の価値観が出来上がった気がするの。どこに勤めても何があっても、きちんと帰るべき場所や価値観があるとブレが少なくなるわ。それから、自分の住んでいる町が好きだと他の町の良さもわかるのね。これって大切な基準だと思うの。
ブロガーピックアップ
今後の目標などありましたら教えて下さい。
板橋区の地価を上げる!板橋の人を太らせる!
ブロガーピックアップ
最後に、読者の方々へのメッセージをお願いします。
板橋はとーってもステキな場所。確かにそんな豊かな町じゃないし、セコい犯罪も多いわ。

でも「セレブと貧乏太郎」「板橋マダムズ」という板橋二大ドラマがあって、コンセプトはどちらも同じ。板橋での生活は、お金なんかないけれど、こんなにおもしろ楽しくステキな仲間達と笑って暮らしてて、こんなに心が豊かなのよっていう。せっかくお金のある環境に行っても、ハイジのように結局、板橋が良くって戻ってきちゃってハッピーエンド。

そんな優しい町、板橋にぜひ皆さん、どうぞいらして♪

ロザリーさんの要チェック記事!

ブロガーピックアップ
板橋の超名店、「ちくら」が閉店
http://www.b-shoku.jp/modules/wordpress/?author=140&p=143041

板橋で買うタンタン麺。いくら?
http://www.b-shoku.jp/modules/wordpress/?author=140&p=142429

板橋大忘年会
http://www.b-shoku.jp/modules/wordpress/?author=140&p=140876

何を勘違いしたか、駅前の酔っ払い通りに出来たフランス料理の名店
http://www.b-shoku.jp/modules/wordpress/?author=140&p=135039

ロザリーさんの要チェックお気に入りブログ!

ブロガーピックアップ
C.I.L(Charismatic Itabashi Lover)
板橋区が誇るカリスマブロガー。私と同じ板橋定着型で、あまり板橋区から出ないいわゆる「スターシャ型」。私とほぼ同じ体型をしている。 サブカル臭がする斬り口鋭い文は、もはや爽やか。板橋を愛する同志として見習う部分が多い。辛辣に毒を吐きながら、とても優しい目で板橋を見ている。
ブロガーピックアップ
シャバゾウblog
板橋区に住み、板橋からあちこちに出かけて食べ歩くいわゆる「メーテル型」。こちらも私とほぼ同じ体型をしている。その食いっぷりには、畏敬の念を超えた感動すら覚える。独特な単語の使い方と更新頻度の高さに彼のサービス精神が伺われる。

編集部からのコメント

笑いを散りばめ、独特の口調で板橋という地域を紹介していく「いたばし区のばら」。はじめはびっくりしても、ぐんぐん過去ログを紐解いて読み込んでしまいます。

その秘密はきっと、ロザリーさんが等身大の自分のままで、愛する板橋に身体ごと飛び込んでいるから。

「どこに勤めても何があっても、きちんと帰るべき場所や価値観がある」

この言葉に、うるっときてしまった編集部です。ロザリーさん、どうもありがとうございました!
ページの先頭に戻る