TOP特集叫子の部屋 > 第6回ゲスト:宮田順次氏
ブロぐるめ!の特集/連載 : 叫子の部屋
2013.08.05第6回ゲスト:宮田順次氏
干しアワビは、フカヒレ・ツバメの巣とともに中国の三大食材のひとつとして珍重されています。その中でも高い値のつく最高級品が日本で生産されていることはあまり知られていません。現在、東北地方で漁獲されている天然エゾアワビを乾燥させた干しアワビは、世界でも最高級とされています。

中国では形の大きいアワビほど珍重されますが、味に差がないにもかかわらず、小さな形の干しアワビは、これまで販売につなげることが難しいものでした。大きいアワビに値はつき、小さいアワビはそれとの抱き合わせというのが常。しかし、漁獲量の大部分を占めるのは標準サイズや小型サイズです。

青森県の尻屋漁協と『南国酒家』はここに注目し、日本国内向けとして標準サイズおよび小型サイズのエゾアワビを使った干しアワビを新たに開発し、「ふくあわび」としてブランド化しました。漁獲量の大半を占める標準・小型サイズのエゾアワビを活用し、かつ国内向けに流通させることにより、手頃な価格で最高級の干しアワビが食べられる市場を作っていこうとしています。
宮田順次
宮田順次 氏プロフィール
株式会社南国酒家、第5代社長。

大学卒業後、三井不動産に入社。4年後に三井不動産を退社し、南国酒家に入社。不動産部門と飲食店部門、両方を経験し、2010年2月、同社の代表取締役に就任。就任と同時に「おいしいものニッポン」企画を立ち上げ、全国の都道府県とタイアップし、各地の食材の普及を精力的に進める。

2012年、農商工連携の認定事業として日本産干しアワビの国内普及事業を発足。東北産の蝦夷アワビを干した干しアワビを『ふくあわび』と名づけ、ブランド化。中国料理のみならず、フランス料理、和食などの汎用性や、商品化に向けての研究を重ねる。
前 | 1 | 2 | 3 |
取材・文 / 華麗叫子
前 | 1 | 2 | 3 |
ページの先頭に戻る